株式会社ノヴァ コンピュータソフトウェア開発/コンサルティング/
logo
| HOME | プライバシーポリシー |

TECH21 / SansAmp:VT Bass DI 【ベース用アンプシュミレーター・DIボックス】【御茶ノ水本店】:イシバシ楽器 17Shops - d5e92

2019-09-11
カテゴリトップ>店舗別で探す>御茶ノ水本店>エフェクター>ベースエフェクター
TECH21 / SansAmp:VT Bass DI 【ベース用アンプシュミレーター・DIボックス】【御茶ノ水本店】小さなストンプボックスに納められたVT Bass DIは、どんな現場でも全てプロフェッショナル・レベルで対応できます。
このVT Bass DIは3種類の出力を備えており、それらの出力が、ライブ、ダイレクト・レコーディング、プリアンプ、PAへのダイレクト接続の全てを可能にしてくれます。これ1つをギグバッグに入れておけば、どんな現場にいつでも出かけられます。

兄弟機のVT Bass同様、8x10” スピーカー搭載のレジェンド・アンプと同じ、強力なサウンドが得られます。ファンキーなFlip Top(B-15)サウンドから、インディーズ・ロックの地を這うハイゲイン・サウンドまで網羅できたら……他に何が必要でしょうか?

VT Bass DI は、クリーンで太いSVT サウンドから、地を揺らすようなダーティーなサウンドまで作り出します。どのようなセッティングでも、極太サウンドを簡単に叩き出せます。CHARACTER コントロールを駆使するとCrimsonやKing’s Xの図太いディストーション・サウンドも作り出せます。本機は100%アナログのSANSAMP回路により、アナログならではの太いサウンドとCHARACTERコントロールによるサウンド・メイクは新しい可能性を生み出します。

BLENDは、ダイレクト音とSANSAMP音(チューブアンプ・エミュレーション回路を通過した音)のブレンド(ミックス)比を調整します。BITEはプレゼンスを強調し、低周波フイルターで可聴周波数域以下をカットします。

CHARACTERコントロールは、各機種のベースになるアンプのキャラクターに準じた、周波数、アタック、ドライブの変化を操作することができる画期的なコントロールです。VT Bassは、MIDコントロールのセンター周波数が500Hzです。

●エフェクターとして
ペダルボードに本機を組み込んで、歪み系エフェクターとしてご使用になれます。

●プリアンプとして
本機をパワーアンプまたはベースアンプのRETURNへ接続することで、余計なプリアンプを通すことなく本機のサウンドを発揮することができます。ベース→本機→パワーアンプorアンプヘッドのRETURNと接続します。

●ライン・レコーディング用のアンプ・シミュレーターとして
アンプマイキング等に時間を費やすことなく、本機を直接ミキサー&レコーダーに接続するだけで、チューブ・アンプらしいサウンドが得られます。

●ダイレクトにPAシステムへ
レコーディング同様、直接ミキサーに接続できるため自分の納得のいく音を、メイン・システムから出力できます。

価格
31,320円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
2〜5日で発送予定、お取寄せ時別途ご案内
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く